人生でやりたい100リストの作り方と書いた感想 書けば本音が見えてくる!

スポンサーリンク

自分がやりたい事はなんだろう。

選択肢の多い現代ではそんな悩みを抱えている人が多いのか巷では人生でやりたい100のリストを作る事が流行っていますね。

私も流行りにのって作ってみました。
結果からいうと皆にも人生でやりたい100リストを作る事をおすすめしたいと思いました。

あなたは自分がやりたい事が分からず悩んでいますか?
それとも自分の事はなんだからやりたい事はわかっていますか?

ちなみに私は自分の事なんだからやりたい事なんてわかってるよと思っていました(笑)

今回はそんな不思議な人生の100のリストの作り方をご紹介していきます。

人生でやりたい100のリストを作る魅力

人生でやりたい100のリストとは意識の向上や自分の深層心理を探る為にやりたいと思ったことを100個リストアップする事です。

やりたい事を100個上げる事によって自分が魅力に感じている事が実は違った、自分の原点に立ち返れるといった体験をする事で今後のライフプランを考え直す事ができます。

ストレスの原因の発見にもなり、日常では忙しさに埋もれてしまう本当の自分の声を発見できるのが最大の魅力です。

このリストを作った結果、オレ趣味の趣味探しが始まりました。

リストを作成する上でのルール

100のリストは色々な人が書いているので正しいルールはありませんので私が作成した際にのルールをご紹介します。

  • 実現できるかできないかは考えない
  • 現在の自分にあてはめない
  • 頭に浮かんだ事はとりあえず書く
  • 1回で100個必ず書く
  • ノートに手書きで書く

実現できるかできないかは考えない

100のリストを作成する時に1番注意したのが常識に捕らわれない事でした。
現実的に無理、時代的に無理、物理的に無理といった考えが次から次へと浮かんできましたがオール無視して書きました。

リストの中には魔法を使いたいなんてのも書いてあります。

現在の自分にあてはめない

これも同じです。
年齢であったり性別であったり金銭的な事情は全て無視して書きました。

大人になると常識や今の自分を見るのでやりたい事の後ろに(やれる事)がついてしまい新たな発見ができません。

自分が億万長者で年齢も時間もすべて操れる設定でやりたい事を考えていきまし

頭に浮かんだ事はとりあえず書く

書いていると他人に見せるわけでもないのに恥ずかしさから変な見栄が出てきました。

お金が欲しいは俗っぽ過ぎるなとか、これは妻に見られたら洒落にならないなとかも思いました(汗)
そういうのを抜きにする為に頭に浮かぶ→すぐ書くをルールに入れました

1回で100個必ず書く

書いていると20位で手が止まってしまいビックリです。(笑)
手が止まってもいいから休みなしで書ききらないと常識と理性が襲ってきて自分の深い欲望までみる事ができません。

手が止まった時は乗り越えるべき理性の壁にぶつかったと思って諦めずに100個書くようにしました。

ノートに手書きで書く

これは他の人の受け入りです。
パソコンやスマホでメモに残しておくよりも、手書きにノートで書く方が理性が働かない気がしただけです。

100のリストを書く時のアドバイス

やってみるとわかりますが本当に手が止まります。
こんなに欲望がないのかと思う程100個出てきませんが実際にはドロドロの欲まみれです(笑)
私の手が止まった時にした理性の壁の突破方法はこちらです。

  • ジャンルで別で考える
  • 記憶を辿る
  • 漫画や映画を思い出す
  • 魔法使いと話す

ジャンルで別で考える

やりたい事をジャンルで考えるとポンポンと心の奥から本音が見えてきました。
物欲系で何かないかな?あれはそうでもないし、これは?みたいな感じで自分と話していきます。

有名な会社を参考にすると色々イメージわきやすいです。

物欲系:何が欲しいか身の回りの不満を考えると出てきます。
参考サイトはこちら 楽天

移動系:行ってみたい旅行先や時代を想像すると出てきます。
参考サイトはこちら じゃらん

体験系:私はこれが多かったです。やってみたい事をとにかく考えると出てきます。
参考サイトはこちら アソビュー

食欲系:実際の料理や食材、本場で食べたいとか環境もセットで考えるのがおすすめです。
参考サイトはこちら 一休

無形系:気持ちや考え方など内面の欲望を探ると出てきます。

記憶を辿る

私の場合は空をぼ~と眺めながら子供の頃の記憶から最近の記憶、未来の想像までしました。
あれが楽しかったとかこれはもう1度やりたいとか出てきます。

漫画や映画を思い出す

手が止まり始めた中盤に活躍したアイデア出しの方法です。
好きな漫画や映画を思い出しているとピンと来るものが出てきます。

機械の体を手に入れたいとか里の英雄になりたいとか空から降ってきた美少女と旅に出たいとかアイデアの宝庫です。

魔法使いと話す

私が1番おすすめするのはこれです。もちろん空想の魔法使いですよ(笑)
あ~もうなんも思いつかない・・・となった時に突如現れてくれました。

ご主人様、もう願い事がないなら帰っていいですか!?定時前あがり感謝です♪
みたいな感じで言われた途端に貧乏性なのかボンボンやりたい事や叶えたい事が出てきました。

リストは続くよどこまでも

100のリストは定期的に読み返す事をおすすめします
トリュフの味を覚える、とか〇〇のお店で××をやるといった細かい欲望は結構ボンボン達成していきます。

達成した欲望は横線で消したり、×印や✓をつけてわかるようにすると思い返せます。
日常的にあ~これやりたいな、欲しいなと思ったらスマホに保存しておいて気が付いた時にノートに書き写すようにしています。

そうする事で今の自分の欲望が定期的に見直す事ができますよ

100のリストを書いてみた感想

書いてみた感想は最初にお伝えした通りみんなリスト書いた方がいいよです。
リストで書くと意識が向いて願いが叶うとか色々な書く理由を目にしますが私がお勧めする理由は

自分が思ってる程、自分の事って理解してないな
っていう事を感じる事ができたからです。

私はバリバリ仕事してたくさん稼いで都内の超高層ビルの屋上に住んでウッヒョー!

みたいな事を望んでいると思っていたのですが100のリストが出来上がってみるとぼ~っとしたいとかプカプカ浮いていたいとかリラックス系の欲望が多くありました。

最後の方になっていきなり大量に出てきたのがやりたい事系です。
心の蓋が文字通りパカっとあいた音がしたらあれよあれよとリストが埋まっていきました。

やりたい事が見つかるとどうしたら叶うかな?という動きをするようになってお気に入りのサイトと巡り合ったりします。

私の場合は色々な体験ができるアソビューとかちょっと豪華な海外旅行のじゃらんとか面白い資格ないか探すユーキャンなんかはお気に入り登録しています

やりたい事をやったり、食べたい物を食べたりする機会は限られるけど自分のやりたい事をあれこれ探しているだけでも人生が豊かになる気がします

ぜひ、皆さんも自分のリストを完成させてみて下さい。
本当に楽しいですよ♪

タイトルとURLをコピーしました