パラグライダー体験は安い!予想外の価格と感動に驚き

スポンサーリンク

山や海といった自然が好きな皆さん、今度は風に乗って大空の雄大さを感じてみませんか?
大空をフィールドに楽しむスカイスポーツはやってみたい、でもお金も掛かるし難易度が高い。

そう思っているのであればパラグライダーがおすすめです。

パラグライダーはスカイスポーツの中でも比較的初心者向きなスポーツです。
空を飛んでみたいと思う全ての人の為に、今回はパラグライダーをご紹介いたします。

パラグライダーの魅力

パラグライダーとは山や丘などの斜面からかけおりて長方形のパラシュートで滑空するスポーツです。


同じ滑空するスカイスポーツでもハンググライダーは高度な技術を必要とし時速100kmで滑空するのに対し、パラグライダーは比較的難易度も低く、時速も30km前後とゆったりとした滑空になります。

感覚でいうとハンググライダーがビューンなのに対してパラグライダーはフワワワワッフワーって感じになります。

ハンググライダーが最初はタンデム(二人乗り)で数十回のジャンプを体験してから1人で飛ぶのに対して
その日のうちに1人で数メートル飛ぶ事ができるのも魅力の1つです。

山の斜面から1人で数メートル上空を滑空した時に体験できる目の前いっぱいに広がる絶景と1人で大空に浮きあがる感動が1番の魅力です。

体験であれば1万円前後、山からちゃんと飛ぶレベルのジャンプでも機材を購入する必要がないので数万円で体験できるのもおすすめのポイントです。

パラグライダーをおすすめの人

  • スピードが苦手な人
  • 絶景を見たい人
  • 1人で空を飛んでみたい人
  • 自然が好きな人

パラグライダーはゆっくり空を滑空するのでスリリングな体験というよりゆったりとした感動系なのでスピードが苦手なひとにもおすすめです。

パラグライダーをおすすめできない人

  • 自然とのスポーツが理解できない人

パラグライダーは自然を利用したスポーツです。
雨が降ったり、風が強い場合には残念ながら空を飛べない事がありますので、自然環境に理解をもてない方にはおすすめする事ができません。

脱初心者までの期間

パラグライダーは体験フライトでも1人で飛べる初心者にもおすすめできるスカイスポーツです。
といっても本格的に始めると奥が深く、決して簡単ではありません。

プロから丸1日のレッスンを5回前後受ければ数百メートルの山から1人でフライトできるようになります。
会社員の脱初心者までの期間は約1か月といったところでしょう。

初フライトまでは機材もレンタルしてくれる所が多いのが助かります。
機材購入の価格は60万円は超えると思った方がよさそうです。

↓パラグライダーをお得に体験↓

パラグライダーが体験できる場所

パラグライダースクールトピア ※HPはこちら
東京からは少し遠いものの1日体験以外にも450mの山からフライトできる初飛びコースまで機材レンタルOK

1回ちゃんと山から飛んでみてから本格的に始めれるのが嬉しい。
体験でパラグライダーにはまった人におすすめ。

名  前:パラグライダースクールトピア
場  所:〒315-0164 茨城県石岡市小屋576−1 バスか車を推奨
定 休 日:毎週火曜日
連 絡 先:0299-44-0892

参考料金:1日

入 会 金 :12,000円
体験コース : 5,000円 20mの山
初飛びコース: 5,000円 450mの山

堂平スカイパークパラグライダースクール ※HPはこちら
東武東上線の川越駅から送迎をしてくれてるのが嬉しい。
飛ぶのが怖いけどやってみたい人の浮遊まで体験できるコースやタンデム(パイロットと2人でフライト)で本格飛行が楽しめるコースなど豊富。

名  前:堂平スカイパーク・パラグライダースクール
場  所:〒355-0366埼玉県比企郡ときがわ町大野勝負平1251-18 バスか車を推奨
定 休 日:毎週金曜日
連 絡 先:0493-67-1733

参考料金:1日

入 会 金    :12,000円
体験コース  : 5,000円 高さ5mの丘からフライト
タンデムコース: 8,000円 高さ200m~で料金が変わります。

パラグライダーの公式団体

公益法人日本ハング・パラグライディング連盟 ※HPはこちら

パラグライダーとハンググライダーの連盟の中にパラグライディング競技委員会があります。
大会情報もフェイスブックで発信するなど活発に活動中です。
登録スクール一覧も用意されているので本格的に習いたい場合には利用するとスクールも調べやすいです。

タイトルとURLをコピーしました