ハナノヒをダウンロードして日比谷花壇帝国ホテル店に行ってみた

スポンサーリンク

東京都千代田区の日比谷駅の近くにある帝国ホテルの中にある日比谷花壇の帝国ホテル店をお花の定額サービス「ハナノヒ」と併せて紹介します。

今回はお花の専門店「日比谷花壇」の話題のサブスクお花の定額制アプリ 「ハナノヒ」 を実際に使ってみましたよ。

日比谷花壇 帝国ホテル店でお花を用意して、帝国ホテルでランチバイキングなんて用意したら惚れちゃいますね♪

日比谷花壇も帝国ホテルもクリスマスやバレンタインデーなどのイベントの時には混雑します。

記念日などは早めに予約をする事をおすすめします。

※日比谷花壇のクリスマスギフトは11月頃から予約開始です。

お花の定額制アプリ ハナノヒとは

お花の高級専門店として有名な日比谷花壇のサブスクでお花を決まった回数を店舗で受け取れるサービスです。

プランは4つあるので好きなプランから選べます。

イイハナプラン

月額:1,187円

店頭で毎日お花を一本受け取る事ができます。

サクハナプラン

月額:3,987円

店頭で1,300円分までのお花を月に6回選ぶ事ができます。

ハナハナプラン

月額:8,787円

店頭で3,000円分までのお花を月に6回選ぶ事ができます。

イコーハナヤプラン

月額:15,878円

店頭で6,000円分までのお花を月に6回選ぶ事ができます。

日比谷花壇のハナノヒで貰えるお花

お花は日比谷花壇のお店に行って自分で選ぶ事ができます。

なので定額のサブスクだと傷んだお花や余剰在庫を渡されるんじゃないか?

なんて心配はないのが嬉しいですね。

今回はイコーハナヤプランなので6,000円相当のお花を頂きました。

写真ではわかりにくいですがプロポーズするんじゃないか!?

っていうくらいボリュームある花束です。

これが月に6回貰えて15,000円だと安すぎるくらいだと思います。

お花の選び方

店頭でお花を選ぶ事ができるハナノヒですが、自分で選ぶ勇気がない人でも大丈夫ですよ。

日比谷花壇の店員さんが素敵な花を選んでくれます。

お花を選んでもらう時のポイント

  • 飾る場所のイメージを伝える
  • 欲しい花のボリュームを伝える
  • 抽象的なイメージを伝える
  • 好きな色を伝える

など、日比谷花壇の店員さんがイメージできる材料を伝えるのがおすすめです。

今回のイメージは優しさと温かみに溢れているオレ妻さんをイメージして貰いました。

ハナノヒの使い方

日比谷花壇のハナノヒの使い方はとても簡単でした。

  1. スマホに「ハナノヒ」アプリをダウンロード
  2. プランを決めてクレジットカードで決済
  3. 店頭でQRコードを読み取る

これだけです。

スマホが苦手!

という人は日比谷花壇の店員さんが一緒にやってくれるので相談してみましょう。

日比谷花壇にお花を取りに行けない時のお届けサービス

日比谷花壇グループにはイーフローラというインターネットサービスが用意されています。

お店に行かないと利用できない定額サービス「ハナノヒ」も一部使用ができる優れものです。

クリスマスやバレンタインデーを始めとする毎年恒例のイベントはもちろん、誕生日や結婚記念日のサプライズにも喜ばれています。

価格も3,000円代と想像以上に手軽な価格から用意されています。

日比谷花壇 帝国ホテル店へのアクセス

日比谷花壇 帝国ホテル店 ※HPはこちら

住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1−1 帝国ホテル B1
電話:03-3503-8781
営業:10時00分~19時00分
休み:なし

今回は東京ミッドタウンでの買い物帰りに利用したので日比谷花壇 帝国ホテル店に行ってきました。

さすが帝国ホテル!さすが日比谷花壇!

店舗の雰囲気も店員さんの雰囲気も高級感がありながら優しい思てなしでした。

日比谷花壇帝国ホテル店は帝国ホテル本館の地下アーケードにあります。

※帝国ホテルタワーではありません。

店内は綺麗にお花が飾られていました。

素敵空間ですね。

最後は帝国ホテルお決まりのロビーのお花でお別れです(笑)

↓帝国ホテルのバイキングの記事はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました